韓国かんとりーらいふ

韓国のイナカでの生活などいろいろ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 韓国観光地
CATEGORY ≫ 韓国観光地
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

風の丘

巨済島の観光地「風の丘」
「一泊二日」という私の好きなテレビ番組で放送されたせいもあって、今年は沢山の観光客が訪れたらしいのです。
テレビドラマのロケ地にもなっているので、有名になりました。
南部面の陶蔵浦(トジャンポ)というところにあるのですが、なんと行った事がなかったんです。
ダンナは、人が多いところは苦手なので行かないんです。
(それに地元なので観光客じゃないんだからと嫌がります)
今回は、どうしても行きたいとずーっと言い続けた結果、観光客も少なくなってきたことだしと、やっと行ける事に。
最近一度行こうとした時は雨が降り出して延期になりました。
でも、今回は天気はいいんですが、風がメチャメチャ強いんです。
とりあえず行って見ると、観光シーズンは終わりつつある割には、観光客がひっきりなしに来ています。
そこまでは、階段を上っていくんですが、上り終わったところで、娘が「トイレー!」
しょうがなく降りて、トイレが済んだら、今度は息子が「アイスー!」
アイスを買いに少し離れたお店へ。
ダンナは、その時点で随分上の展望台まで行ってしまったようです。
またひたすら階段を上ると、「風の丘」が見えました。
でもやっぱり風がすごい。
下のほうの岩場の波の水しぶきがかかるほど。
一応ロープで柵にはなってるけど、突風で子どもが飛ばされないか心配でした。
子どもたちははしゃいで勝手に走り回ってるし。
燈台があって、海がきれいでしたが、もう少し穏やかな日に、行きたかったですね。
肌寒いのもあって、早々に降りてきました。
さすが「風の丘」だけあって、風はすごかったという記憶だけが残りました。
ダンナも「こういう日に行くのが醍醐味ってものだよ。」などと言っていましたが。
あまり風のひどくない時に行ってみるといいですね、海も一望出来て素敵です。
スポンサーサイト

夜桜見物

昨日、うちのダンナから夕方急に電話がありました。
「今から帰るから、お花見に行こう。行く準備しておくように!」
いつも、「思い立ったら吉日」のダンナなので、とりあえず子供たちを着替えさせて待つことに。
ダンナが帰ってきたら、すぐ出発です。
「何でまた急に今日なの?」と聞くと
なんと、次の日から、そこの「桜祭り」が始まるそうです。
混雑するとこには行きたくないというダンナの性格上…納得です。
この三日程前に、教会長ご夫妻が行った時には、まだ満開ではなかったとは聞いていました。
河東(ハドン)の「サンゲサ」というところも桜並木で有名です。
もう暗かったので、道路の街路樹の桜は車のライトで照らされるところが見えます。
桜のトンネルになってるところは、ライトアップされていて、圧倒されてしまいます。
観光客は、車から降りて歩いて見物している方も多かったです。
でもうちは、外が少し寒かったので、車をノロノロ走らせながらの見物となりました。
(おうちゃく者なんです)
ちょうど花が満開で、見事でした。
でも少し散り始めたほうが、もっときれいかな?!と思いましたけど。
日本人は、桜の木の下の場所をとってお花見(宴会?)という感じですよね。
韓国は、日本のお祭りの夜店みたいな感じでしょうか?!
露店が出ていて、いろいろな食べ物が出ています。
必ずしも、そこの名物ばかりじゃないもののようでしたが…
どこも、花より団子ですね。
今春は、梅と桜のお花見が出来て、お花見三昧です。


メーファマウル

ネタが思い浮かばなくて…
「매화마을」(メーファマウル)日本語では「梅花村」でしょうか!?
先週の月曜日、ダンナが早くに帰ってきて、急にそこに行こうと言うことになりました。
子供たちの帰りを待って出発です。
全羅南道のクァンヤンというところにある梅で有名なところです。
韓国の「1박2일」(イルパクイーイル)日本語で「一泊二日」と言うテレビ番組があるのですが、それでそこに行っていたのです。
もう桜が咲き始めているし、梅はきっと散っているだろうに…
(それを収録したのは放映の一週間前のようでした)
二時間ほどで着きましたが、なんと前の日まで「梅花文化祭」をやっていたようです。
実は、うちのダンナって、車が混雑するのが苦手で、そういうお祭りの開催中は絶対行きません。
二年ほど前はそこの近くに桜が有名なところあって、夜桜見物のついでに寄ったのですが花はすっかり散った後でなにもありませんでした。
今回は、まだ少し残っていて、グルッと見て廻りました。
(というより山登りに近いものがありました)
たくさんの梅の木があって、梅の花の香りが漂っていました。
梅の花も結構きれいだなーと思いつつ、もう日が暮れていたので、頂上まで行くと降りるときは真っ暗になりそうなので、大体のところで降りてきました。
目的は、梅の花見物と、梅の実の砂糖漬けと梅シロップを買うことでもありました。
ところが、見物から戻って買おうとしたら、露店はなくなっていました!ショックー!
だから先に買おうって言ったのに、ダンナの言うことを聞くとろくな事がないわ!
車の中で、ブーブー文句言いつつ、隣のハドンまで来て、よく行く食堂で食事しました。
実はハドンにも梅はあります。
ということで、なんとそこの食堂で、それを売っていました。
いつもは、そんなことを聞きもしないので(また宣伝もしてなくて)知らなかったのです。
結局、そこで手に入れることになりました。
本場の梅花村に行ったんだけど、なんだかなー?!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。