韓国かんとりーらいふ

韓国のイナカでの生活などいろいろ
2009年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2009年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年04月
ARCHIVE ≫ 2009年04月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2009年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

息子のお泊り会

今日は息子のお泊り会です。
前の保育園ではそういうのはなかったので、初めての経験ですね。
今は特殊幼稚園に通っているため、そこでそういうプログラムを組んでいるようです。
昨日、担任の先生から簡単な説明の電話をいただきました。
この頃の息子はどうかと尋ねると、「模範生でがんばってますよ」とのことでした。
エーッ、うちの息子が模範生とは…!


実は、去年までは保育園での問題児だったんです。
私が息子に障害(自閉症)があることに気が付かなくて、普通の同じクラスの子どもたちについていけなかったのです。
ついていけないストレスと、コミュニケーションが取れないため、いろいろな問題を起こしていたのでした。
保育園からの電話が鳴る度、ひやひやしていました。

それで今年は思い切って、特殊幼稚園に入れることになったんです。
(前の普通の保育園では預かれないといわれたんですけどね…)
でも、入れて正解でした。
普通の子と同じ用にできることは望んでいますけど、すぐには難しいんですね。
ひとクラス五人の園児に対して先生が補助を含めて二人ついてますし、まめに先生からの連絡もあり、安心して預けられます。
今は、ストレスで相手に危害を加えることもなくなり、危害を加えられても耐えることを覚え、そして、友達を手伝ってあげることができるというやりがいを見つけたようです。
(前は友達に手伝ってもらっていましたから)
他の先生(小学校の)からもかわいがられているそうです。
その先生のことを「アッパ」(パパ)と呼んでいるとのこと。(おいおい)
いろいろな役割も与えられて、「聖歌隊」のメンバーにまでなってるようです。
(本当は小学生からだそうですが、歌をよく覚えて大きな声で歌うため特別入れられたらしい)
この頃は、負担を感じてるようでも、何とかこなしてるそうです。


さあお泊り会ですが、先ほど先生から「心配しないでください、大丈夫ですよ。」と電話がありました。
息子が、先生とお友達と仲良く無事に過ごせますように。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。