韓国かんとりーらいふ

韓国のイナカでの生活などいろいろ
2009年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年12月
ARCHIVE ≫ 2009年12月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2009年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

イノシシ現る

今日は朝からちょっと怖い体験です。
息子を幼稚園のバスまで連れて行くのに20分程歩くのです。
7~8分歩いたところで、道路に何か黒い大きな物体(?)が現れました。
「?」よくよく見ると生き物です。
「熊?」まさかここは北海道ではないし・・・。
(北海道だって道路に熊はほとんどいないし)
「イノシシ」です!
私達の50メーター前をイノシシが歩いているんです!ヒャー!
怖いし、近付けないし、かといって息子のバスの時間もあるし、回り道はないしといろいろ頭の中で考えました。
息子と二人でイノシシがどこかに行くのを待つしかないし。
そうしたら、仕事に行くトラックが2台通り過ぎました。
それでも、怖くない様子であまり動きません。
少しして、やっとどいたようです。
トラックがそのまま止まっていたので、その横をそそくさと通り過ぎました。
イノシシは、民家の横の畑のほうにいました。
でも20メーターも離れてないんです。
結構大きくて、目を合わせたら突進してきても困るので(それは熊だろ!)、目をそらして息子にも「静かにしろ」といって無事通り過ぎることに成功しました。
その後、トラックの運転手さんが通報したらしく、パトカーと救急車が現場に向かってました。
息子を送った後、バスで通った時にはもうイノシシは山に帰ったらしくいませんでした。
さすがに、驚いたし怖かったです。
とうとう、山に食べ物がないのか、民家付近にまで下りてきてたんですね。
これからは、イノシシを近くで見たら、通報しなくちゃならないってことを知りました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。