韓国かんとりーらいふ

韓国のイナカでの生活などいろいろ
2011年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年07月
ARCHIVE ≫ 2011年07月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

窓拭き

高校の寄宿舎が夏休みで、お掃除のお仕事はその間お休みになりました。
ところが、高校から、二日間アルバイトがあるのでしませんかとのこと。
校舎の階段の踊り場の窓拭きです。
一階から三階の窓が二ヶ所、それを二日でして欲しいとの事。
バイト料がなかなか魅力でした。
二つ返事で引き受けたのですが・・・これがなかなかすごかった。
実は何年も拭いてなかったらしい・・・!

窓を外すと、そこは埃と砂とカビと蛾やら昆虫の死骸がいっぱい!
ひどい所なんかは、コケや草まで生えてる始末。
それをきれいに除去するのに数時間もかかりました。
脚立を利用して高いところを拭くのも怖い。
(高所恐怖症なんです)
掃除機はコンセントが無くて持ち込めず、コードレスのハンディークリーナーがあったらどんなに楽か・・・。
拭いても拭いても、たまった砂で雑巾がドロドロになり、バケツの水もすぐに真っ黒。
窓も拭かなくてはならないのに、ガラス洗剤が無くて、そのまま拭いたのでかえって汚く曇ってしまうし。
(拭かなかったほうが良かったんじゃ?)
時間もぎりぎりになり、窓枠をはめてくれる用務員のおじさんまで手伝ってもらう始末。
それにおじさんが手をすべらせて、窓ガラスが割れてしまい、それも掃除しなくちゃならなくなったりして。
終わったときはぐったりでした。
二日間して、次の日は手や脚が浮腫んで、筋肉痛やらで疲れて寝込んでしまいました。
なかなか窓拭きも楽じゃないわ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。