韓国かんとりーらいふ

韓国のイナカでの生活などいろいろ
2012年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年04月
ARCHIVE ≫ 2012年04月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2012年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

息子合唱団

息子もすっかり元気になりました。
先週、息子の通う養護学校の六十周年の記念式典がありました。
巨済文化芸術会館のホールを借りて、学校の生徒達や先生職員の方が出し物をしました。
合唱やサムルノリという韓国の楽器の演奏、あと演劇などです。
障がいを持っている生徒達ですが、なかなか見ごたえがありました。
息子は合唱団に入っているので、何曲か歌を歌いました。
合唱団の名前は「海に似ている子供達」と言います。
(校内オーディションで選ばれたそうです)
衣装も揃えて、なかなか力が入ってます。
息子は「美しい世界」と言う曲の出だしを独唱することになっていました。
ところがアクシデント。
舞台に立ったときから、落ち着きがありません。
緊張したのかトイレに行きたくなったらしくモジモジしています。
それも一番前なので目立ってしまい、トイレに行きたいと目で訴えてるし。
あーあ、ここでオシッコ漏らしたら大変だけど、客席の私が連れてもいけない。
困ったなーと思っていましたが、何とか持ちこたえてくれました。
しっかり、自分のパートも上手に歌いきり、無事に終わりました。
見ているほうがハラハラしてしまいました。
家では歌ってくれない息子なので、ここではなかなか頑張ってるんだなーと感じました。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。